rss

トップページ»  自費診療のお知らせ

自費診療のお知らせ

当医院では、にんにく注射、免疫注射、プラセンタ注射等の自由診療をおこないます。
保険診療と異なり、全額自己負担となりますが、健康増進や病気を未然に防ぐ為に有益なものとなります。

初診料(初回のみ発生)  2000円
 

プラセンタ注射

プラセンタ注射とは?
プラセンタとは英語で「胎盤」という意味ですが、胎盤そのものを注射するわけではありません。ヒト胎盤から抽出されるアミノ酸、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養素を注射します。これにより細胞1個1個の組織呼吸や新陳代謝を高め細胞機能を活性化します。
厚生労働省認可の安全なヒト胎盤エキスを原料としている医薬品のプラセンタを使用しています。健康な母体のヒトプラセンタを加熱殺菌処理をし、最終製品にはB型肝炎、C型肝炎、エイズに加えて成人T細胞白血病およびりんご病のウィルス検査で陰性を確認するため、感染などの心配もほとんどありません。
 
費用
1回  1200円
 
注射の効果
肝機能障害の改善、更年期障害の改善、皮膚の老化防止、生理痛・生理不順の改善、疲労回復
 
投与方法
初めに週に1~2回の注射を2週間~1ヶ月続け、その後は週1回継続することをお勧めします。
 
保険適応のある疾患もあります。一度医師にご相談下さい。
※一度打つと献血は出来ません。
 
副作用は?
比較的副作用の少ない薬剤ですが、注射部位の疼痛、発疹、発熱、掻痒感、注射部位の硬結、頭痛、肝機能障害などが報告されています。
 

ニンニク注射

ニンニク注射とは?
ニンニク注射といってもニンニクのエキスが入っているわけではありません。ビタミンB1の中にニンニク臭のする成分が含まれているため、ニンニク注射と呼ばれています。ビタミンB1は新陳代謝を高め、筋肉運動を活性化させ、疲労を回復させる効果があります。直接体内に取り込むため吸収率が良く即効性があります。
 
費用
1回 1000円
 
こんな症状のかたに効果があります。
倦怠感、肩こり、冷え症の改善、腰痛、強壮作用、風邪の初期症状、体力が落ちている時
 
副作用は?
ニンニク注射の栄養成分は主に水溶性ビタミンがほとんどで、体内に利用されなかったビタミンは尿として排出されるので基本的に副作用の心配はありません。
 
持続期間は?
個人差がありますが、一般的には3日~1週間前後といわれています。そのためニンニク注射の効果を維持するために、週に2~3回ほどの頻度で注射を受けると効果的です。
 

免疫注射・点滴

免疫注射とは?
ニンニク注射(ビタミンB1)にビタミンCを加えた注射のことです。
疲労回復はより効果が高くなることことに加え、美肌効果や免疫効果があります。
 
こんな症状のかたに効果があります。
倦怠感、肩こり、冷え症の改善、腰痛、強壮作用、風邪の初期症状、体力が落ちている時
疲労回復はニンニク注射より効果が高くなるほか、美肌効果や免疫力向上を目的とする方
 
費用
1回 1500円 (点滴は1回 1800円)
 
副作用は・
ニンニク注射同様、栄養成分は水溶性ビタミンなので、体に利用されないビタミンは尿として排出されるので基本的に副作用の心配はありません。
 
持続期間は?
個人差がありますが、一般的には3日~1週間前後といわれています。そのための効果を維持するために、週に2~3回ほどの頻度で注射を受けると効果的です。